2015年05月04日

MySQL5.5にアップデートしたら一時テーブルが遅くなる?!

MySQL5.1からMySQL5.5にアップデートしたら処理が重くなった。。

my.cnfに以下の項目を追加し、思いクエリを調べる
[mysqld]
slow_query_log=ON
slow_query_log_file=/var/log/mysql_slow.log
long_query_time=5

「/var/log/mysql_slow.log」を確認する。
一時テーブルに絡んだクエリの処理が遅いみたい。

調べたところMySQL5.5では一時テーブルがのエンジンが
デフォルトでInnoDBになり、それが良くないらしい。

↓参考サイト
http://webase.info/phpsql/517.html

という事で上記URLを参考にして
ENGINE = MEMORY
↑クエリにこちらを追加したら早くなった。
気がする。。



posted by 峰若葉 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | MySQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

ACCESSのVBAにてINSERT後にオートナンバーのIDを取得する

ACCESSのVBAでINSERT後にオートナンバーのIDを取得したい場合などには
下記のように"SELECT @@IDENTITY;"をたたくことで取得できるみたい

Dim MyNewID As Long
MyNewID = CurrentDb.OpenRecordset("SELECT @@IDENTITY;").Fields(0)
MsgBox MyNewID
posted by 峰若葉 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ACCESS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

Zend_Authのセッションの有効期限設定

ログイン情報などを一定期間残しておきたい時は↓このように
保存しておく時間を指定する。

require_once 'Zend/Session/Namespace.php';
$authSession = new Zend_Session_Namespace('Zend_Auth');
$authSession->setExpirationSeconds(24*3600*3);
Zend_Session::rememberMe(24*3600*3);

↑rememberMe関数にも指定する。ココ大事!
posted by 峰若葉 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

TwitterのOAuth認証が通らなくなった・・・

ZendFrameworkを使ってTwitterのOAuth認証を使っていたが
突然、
「Could not retrieve a valid Token response from Token URL: Failed to validate oauth signature and token」
↑こんなんでました。。

いろいろ試した結果
『siteUrl』に設定していた「http://twitter.com/oauth」が
https://api.twitter.com/oauth」に変更になっていた事が
判明。

ん〜ハマッた
posted by 峰若葉 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

購読者に限定公開

下書きのプレビューを「購読者」としてログインした
ユーザーに閲覧させたい。
その場合は、プラグイン内に下記の内容を記述

function p_user_has_cap($allcaps, $caps, $args) {
$allcaps['edit_others_posts'] = true;
return $allcaps;
}
add_filter('user_has_cap', 'p_user_has_cap', 10, 3);

これでいいはず。。
posted by 峰若葉 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ECCUBEでエラーログに「Maximum number of allowable file uploads...」

ECCUBEで商品マスターのサブ情報の数を増やしたら8枚以上アップロードできないという
不具合が?!
エラーログをみたら
Maximum number of allowable file uploads...
↑こんなエラーがありました。

どうもPHP側で一度にアップできるファイル数に制限がかかっているみたい。
php.iniに↓このような設定を追加する。

max_file_uploads = 50

無事アップロードできた!
posted by 峰若葉 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PHPツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

Imageクラスで画像データを処理

画像データを加工しようとしてImageクラスにsrcに画像データを
代入して加工しようとしたら上手くいかない・・・

var img = new Image();
var imgData = "data:image/jpeg;base64,"+<画像データ>;
img.src = imgData;
alert(img.width);
//画像を扱った処理

↑「0」と表示される。ちゃんとWidthが取れてない!


var img = new Image();
var imgData = "data:image/jpeg;base64,"+<画像データ>;
img.src = imgData;
imgObj.onload = function() {
alert(img.width);
//画像を扱った処理
}

↑ちゃんと取れるようになった。
posted by 峰若葉 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

blueimp-jQuery-File-Upload ファイル削除確認

blueimp-jQuery-File-Uploadでファイルを削除する前に確認を
出そうとしてちょっと苦労したのでメモ

$(document).bind('fileuploaddestroy', function (e, data) {
if(!window.confirm('本当にいいんですね?')){
removeData(null);
}
}

↑「fileuploaddestroy」でイベントに紐付けて、こんな感じで削除処理「removeData」
にnullを入れて無効化してみました。
「return false;」でいいのかなと思ったけど、それだと駄目だった。。
続きを読む
posted by 峰若葉 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

ZendFramwork union()メソッドでドはまり

2つのクエリを一つにしようとおもって、

$select1 = $dt->select();
$select1
->from(array('n' => 'nonya1'),'id')
->columns(array('n.sid','n.eid','n.flag'));

$select2 = $dt->select();
$select2
->from(array('n' => 'nonya1'),'id')
->columns(array('n.sid','n.eid','n.flag'))
->having('n2_count = ?', 'Null')
->joinLeft(
array('n2' => 'nonya2'),
'n2.eid = n.id',
array('n2_count' => new Zend_Db_Expr('COUNT( n2.id)'))
);

$select->union(array($select1, $select2),Zend_Db_Select::SQL_UNION);

↑こんな感じにしてみたけど・・・
上手くいかない・・・
phpMyAdmin上で叩いてみたら↓こんなんでました。
#1222 - The used SELECT statements have a different number of columns

どうも2つのクエリのカラム数が同じじゃないと駄目みたい・・・
(そういえばドラゴンボールのフュージョンも同じ体格同士でないと駄目だったな。。)
ということで

$select1 = $dt->select();
$select1
->from(array('n' => 'nonya1'),'id')
->columns(array('n.sid','n.eid','n.flag','n.sid AS n2_count'));

$select2 = $dt->select();
$select2
->from(array('n' => 'nonya1'),'id')
->columns(array('n.sid','n.eid','n.flag'))
->having('n2_count = ?', 'Null')
->joinLeft(
array('n2' => 'nonya2'),
'n2.eid = n.id',
array('n2_count' => new Zend_Db_Expr('COUNT( n2.id)'))
);

$select->union(array($select1, $select2),Zend_Db_Select::SQL_UNION);

select1クエリの関係ないフィールドを無理やりリネームしてカラム数を
合わせてみた。
ん〜一応通ったっぽいけど、、なんかキモチ悪い・・・
posted by 峰若葉 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(1) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

Warning: strftime()

ECCUBEをインストールしたら
Warning: strftime()
↑こんなエラーが出てきた。。

どうやらデフォルトタイムゾーンを設定しろということらしい

でphp.iniに
date.timezone = Asia/Tokyo
↑こちらを追加する。

PHP関数でも解決できるみたいだけど、根本的に直したいので
php.iniをいじりました。
posted by 峰若葉 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(1) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。